OAXACA SANTA ANA DEL VALLEの友人ホセに習って仕上げた初めてのタペテ

オアハカへ&物作りとの出会い。

2005年、3ヶ月間の渡墨。スペイン語留学。

オアハカとの出会い。

 

ここで、初めて「物づくり」の人たちARTESANOSと出会う。

 

「さる屋」の原動力にもなっている

「物を作る人の魅力、物づくりの魅力」を知るきっかけは。。。

 

友人、ホセに習い3週間かけて織り上げた自分の「タペテ」

買った物ではない。自分でイチから作り上げた思い入れのあるタペテ。

ホセの指導の元。マデハと呼ばれる羊毛の糸の束を織り機用に、竹の筒に巻きつける作業から、縦糸の準備、織り機に糸を通す作業 etc…

とにかく、いちからのタペテ作り。

 

当初、織り機セッティング後の状態で織らせてくれないの?

と いう私の発言に対し、ホセは。。。

 

「1枚のタペテを織るのに、どれだけ時間がかかるか、

どれだけ大変な作業かも理解して欲しいから。。。」と

 

彼の考えは、1枚の小さなタペテが仕上がったときに

私に物を作る大きな喜びをくれました。

 

そして、この作業を経験した事で 現在の「さる屋」の根っこの部分にある 「物づくりの素晴らしさ」と「見えない部分の大変さ」を知り 「ARTESANOSへの尊敬の念」が芽生えたと思います。

 

本当に体験してよかった!!と思える素晴らしい経験でした。

 2009 saru-ya all rights reserved.